ゆいの杜整体院

交通事故に遭ったらどうするの? | 宇都宮交通事故治療・むち打ち治療センター(宇都宮整骨院ゆいの杜)

Blog記事一覧 > > 交通事故に遭ったらどうするの?

交通事故に遭ったらどうするの?

2021.11.24 | Category:

突然起こる交通事故。こちら側が気をつけていても相手が突然ぶつかってくる場合もあります。

できれば遭いたくない交通事故ですが万が一の時の対応をまとめました。

①負傷者の救護

事故が発生したらすぐに車を安全な場所に止め、負傷者がいないかを確認します。
負傷者がいる場合は救急車を呼びましょう。
間違ってもその場から逃げてはいけません。現場から立ち去ってしまうと、『ひき逃げ』として10年以下の懲役が科せられる可能性があります。

②警察への届け出

警察への届け出は運転者の義務です。物損、人身にかかわらず110番の警察へ連絡してください。警察への届け出をしていなければ、保険金を請求する際の必要書類となる「交通事故証明書」の交付が受けられなくなります。

③相手の連絡先、情報確認

警察の捜査とは別に事故の当事者として現場の状況を記憶、記録し写真等で祥子を残しておきましょう。相手方の氏名、住所、連絡先は性格に把握しておきましょう。

具体的に・・
・携帯やスマホのカメラで現場を撮影
・信号、一時停止、優先道路はどちらかなど確認しメモする
・被害物件、損傷部位を確認し撮影する
・相手方の任意保険及び、自賠責保険の保険会社名をメモする

④目撃者の確保

⑤保険会社への事故報告
被害者であっても、加害者であっても、自分の契約している保険会社に事故報告をします。
自分の保険には、人身傷害保険や搭乗者傷害保険という保険がついていることがあります。
いずれも自車の搭乗者のけがを保証する保険ですが、過失の有無にかかわらず保険金が支払われます。

保険会社へ事故報告の際によく訪ねられる事項です。
・事故日時/事故現場の住所/事故状況/届け出警察署

・運転者氏名/住所/電話番号/生年月日/免許番号/修理工場名/自賠責保険会社/自賠責の証明書番号

・相手の氏名、住所、電話番号、車種名、色、

・負傷者の氏名、住所、電話番号、症状

などです。保険会社によって内容は多少違ったりもしますが概ねこちらの情報となります。

⑥事故によるけがの治療
病院へ行き、医師の診断を受けましょう

⑦整骨院へ連絡し治療開始(宇都宮整骨院ゆいの杜へご連絡ください)
事故後は衝撃によって起きた筋肉の緊張や骨盤の歪みからくるものが多いのですがレントゲンに写らないため「異常がない」と診断されてしまいます。
自然回復に期待したり、自己流マッサージではかえって症状を悪化させてしまうことがあります。